エステで簡単ツルツル脱毛法|足元から美しくなる方法

注意すべきこと

全身脱毛の種類と方法

脚のエステ

全身脱毛は自宅でもできるが、痛みをともなったり、後のケアが不十分であったりする可能性があるので、一般には美容系のクリニック、エステサロンでおこなうことが多い。TBCの全身脱毛には、大きく分けてニードル脱毛、フラッシュ脱毛、レーザー脱毛の3種類がある。ニードル脱毛は、細い針を毛穴に挿入し、微弱電流を流して電気の力で毛根を焼失させる方法である。この方法のメリットは、永久性が高いことで、デメリットは、施術費用、期間が長いことである。フラッシュ脱毛は、キセノンランプから発せられる光を毛に照射して脱毛する方法である。この方法のメリットは、広範囲を一度に脱毛できることで、デメリットは、うぶ毛などの細い毛には適さないことである。レーザー脱毛は、レーザー光を毛に照射し脱毛する方法で、フラッシュ脱毛と原理は似ている。この方法のメリットは、TBCなどの医療機関でおこなわれるので衛生面の点から安全で、また、適切な医療処置が受けられることである。

施術前、施術中の注意点

TBCで全身脱毛をおこなう時には、様々な注意が必要になってくる。以下にいくつかの注意点をあげる。TBCの全身脱毛の施術中は、日焼けをしないことである。これは、肌の色素が黒いと、その影響で火傷をしてしまうからである。自分で毛抜きを使って、うぶ毛などの脱毛処理をして、肌にダメージを与えることも避けておく。また、妊娠中は胎児に悪影響を及ぼす可能性が高いため、脱毛はできない。TBCの全身脱毛は、全て終了するまで1〜2年の期間が必要なので、妊娠の兆候が考えられる場合、事前に施術は避けておくようにしなければならない。皮膚炎を患っている場合は、完治させておく。脱毛処置をしても効果があらわれないばかりか、かえって肌をより一層痛めてしまうからである。